彼に愛され続ける女のつくり方

アラサーOLが愛され続ける身体をつくるために奮闘中。これまでの成功談・失敗談をもとに、おすすめ情報を発信しています。 美容法、コスメ、ダイエット、脱毛、歯列矯正、まつえく、バストアップなどなど。

*

ラスベガスの治安は悪い?女性だけで出歩いても大丈夫?


さまざまなホテルのネオンがきらびやかで、カジノや各種ショーが楽しめるラスベガス。アメリカの中でも、観光地としてはとても人気のあるところだと思います。
 
 
 
 
ラスベガスは特に夜の観光がおすすめですが、女性だけで訪れる場合には安全面での配慮が必要です。海外は日本と違って危険なところもあるので、旅行中に危険な目に遭わないためにも注意をしておくべきです。
 
ここでは、実際にこれまでラスベガスを訪れた経験から感じる治安と、訪れる際に注意をしておきたいポイントをお伝えします。
 
 
 
 
 
 


ラスベガスの治安は?

 
 
私はこれまでプライベートの旅行や仕事の出張で、何度かラスベガスを訪れています。
 
 
女性だけで夜の街を歩くこともありましたが、その際には治安はそこまで悪いと感じることはなかったです。
 
ラスベガスは観光客が多く、夜遅くでも多くの人が出歩いていますので、カジノやホテルが立ち並ぶ通称「ザ・ストリップ」の通りやホテルのカジノ内であれば、女性だけであっても危険な思いをすることはないと思います。
 
 
 
 
 


気をつけたい地域。

ただし、ストリップより北側の地域、ダウンタウンと呼ばれる地区に行く際には注意が必要です。
 
 
暗い道で人通りが少ないところは徒歩での移動はおすすめできません。ダウンタウンの方に向かう際にはタクシーを利用するのが良いと思います(タクシーは、ホテルのタクシー乗り場から乗車することができます。)特に女性だけで暗い夜道を歩くのはやめたほうが良いです。
 
 
 
 
 

注意するポイント。

 
 
ラスベガスは、ストリップの大通りやホテルのカジノの中であれば治安が悪いところではないと記載しましたが、それでも日本とは違いますので、注意が必要です。
 
 

スリ

まず、外を出歩く際にはスリに注意が必要です。財布やパスポートなどの貴重品はカバンの中にいれ、目が届くところで持っておくようにしましょう。
 
 
リュックは背後から誰かがものを盗ろうとしていても気づかない可能性があるので、危険だと思います。ショーや景色に夢中になっているときに貴重品をすられてしまうこともあるので、気をつけてください。
 
ホテルに金庫があるのであれば金庫に貴重品は入れておいて、必要以上のお金やカードは持ち歩かないようにしましょう。ラスベガスはカード社会なので、基本的にはクレジットカードで決済が可能です。チップを支払うために現金は必要かと思いますが、大金は持ち歩かないほうが良いです。
 
 
 

置き引き

カジノでスロットやルーレットに夢中になっていると、荷物から目を離してしまい、その間に荷物がなくなっていた!ということも起こりえます。自分の荷物からは目を離さないようにして、常に意識をしておくようにしましょう。
 
 
また、ラスベガスにはビュッフェ形式の食べ放題のレストランが多くあります。日本人の感覚だと、食べ物をとりにいくときに荷物を席に置いておくことは普通かもしれませんが、海外では危険です。食べ物をとりに行く際には荷物を持っていくか、誰かが荷物を見張っておくようにした方が良いです。
 
慣れてきたころや、お酒に酔ってしまっている時に被害に遭うことが多いです。常に気をつけておくことが大切です。
 
 
 

路上でのトラブル

ラスベガスでは人通りが多いメインストリートでも路上でのトラブルが発生しています。特に旅行客は狙われやすいの注意が必要です。路上で声をかけられたとしても、「No thank you」とはっきりと断るようにしましょう。
 
 
例えば、路上でCDのディスクのようなものを配っている人を良く見かけます。日本で配っているポケットティッシュのような感覚で受け取ってしまうと、お金を請求されてしまうので注意が必要です。もし受け取ってしまうと、CDに何かマジックでサインして、英語が良く分からない日本人に対して、早口の英語でまくしたててきます。
 
以前私がラスベガスに訪れた際に、近くにいた日本人がそれでお金を要求されていて、わけが分からないまま20$を支払っていました。NOといっても追いかけられて、ひたすらお金を要求されるので、気をつけてください。
 
 
 
 
 

ホテルのリゾートフィー

 
 
ラスベガスのホテルに宿泊する際には、ホテルのリゾートフィー(Resort Fee)というものを認識しておく必要があります。
 
予約サイトでホテルを予約する際には表示されない料金で、現地でチェックインやチェックアウトをした際に、請求金額に追加されているの注意です。ホテルによって請求されるところとされないところがあるのかもしれませんが、2016年に私が利用した際には、リゾートフィーが追加されていて、予定していたよりも高い宿泊料金となってしまいました。
 
 
海外は日本とは違うところが多くありますので、注意が必要ですが、十分に気をつけていればラスベガスはとても素敵で楽しい街です。ラスベガス旅行を楽しんで来てくださいね。
 



【追記】美容グッズが欲しいけどお金が無い…

そんなあなたにちょっとしたお小遣い稼ぎをご紹介します。

 

今話題の仮想通貨関連のお得なキャンペーンの情報を入手しました。メールアドレスを登録するだけで現金1万円がもらえるというものです。(メアド登録するだけなので、こんなお得なキャンペーンは今までにないと思います)

1万円あればちょっとはいい美容グッズが買えるかと思います。早速、私も登録して1万円ゲットしました。

詳細は下記にて↓

是非是非、活用してみてくださいね。

 

 - 海外旅行