彼に愛され続ける女のつくり方

アラサーOLが愛され続ける身体をつくるために奮闘中。これまでの成功談・失敗談をもとに、おすすめ情報を発信しています。 美容法、コスメ、ダイエット、脱毛、歯列矯正、まつえく、バストアップなどなど。

*

リンパやツボを刺激する!簡単バストアップマッサージの方法。


バストアップにとても効果的な、バストアップマッサージについてご紹介します。
 
 

 

 
まず、バストを大きくするためには、女性ホルモンの働きが不可欠です。そして、その女性ホルモンの生成を活性化したり、生み出された女性ホルモンをバストに届けるためには、ツボの刺激やマッサージがとても効果的です。
 
 
マッサージをすることで、バストが刺激されて女性ホルモンが活性化されますし、バストまわりの血行が良くなることで、女性ホルモンが全体に行き渡りやすくなります。
 
 
また、マッサージの中でリンパの流れをよくすることで、老廃物が流れるという効果もあります。老廃物がたまっていると、せっかく分泌された女性ホルモンがバストにまで届かない!ということもあります。
 
 
でも、マッサージを毎日続けるのって思いのほか、大変なんですよね。
 
ここでは、毎日続けられる簡単なマッサージと、毎日続けられるコツについてお伝えします。
 
 
 
 
 


バストアップにマッサージが効果的な理由は?

バストアップにマッサージの効果しては、①血行を良くなるということと、②リンパの流れが良くなるということがあります。
 
それぞれについてご説明していきます。
 
 

①血行が良くなる

血行が良くなることで、バストに女性ホルモンや栄養が行き渡りやすくなる、というのは想像がしやすいかと思います。バストに届く栄養は、血液と一緒に血管の中を通って運ばれます。
 
また、バストアップに必要な女性ホルモンも、血液にのって運ばれますので、バストの血行を良くするということはとても大切です。
 
 

②リンパの流れが良くなる

「リンパ」というのは、聞いたことがあるかと思います。リンパ腺がはれた、とかでよく使われている言葉です。でも、リンパって体内でどういう働きをしているか、知っていますか?
 
 
ここでは、私たちの体にあるリンパ管の働きと、バストアップとの関わりについてご説明します。
 
 
私たちの体には、数多くのリンパ管がはりめぐらされているのですが、リンパ管の中を通っているリンパ液は、老廃物や不要なものを体外に排出する働きをもっています。
 
このリンパ液の流れが良くないと、体の中に老廃物がたまっていってしまいます。そして、この老廃物のせいでバストにも大きくなるための栄養が届かない、ということがあります。バストアップをするためには、このリンパの流れを良くして、バストに十分栄養を届けてあげることが大切です。
 
 
特に、胸の外側からわきの下にかけては、リンパ管が多く集まっている個所になりますので、刺激をしてあげることで高い効果が期待できます。全身では耳の下、わきの下、太もものつけ根にリンパ管は密集していると言われています。
 
リンパ管には血液を循環させるための心臓のようなポンプの働きを持つものが存在しないので、もともとリンパの流れは遅くなっています。筋肉を動かしたり、マッサージをしないとリンパの流れが止まってしまって、老廃物がたまったり体がむくんだりしてしまいます。
 
 
ずっと立ち仕事をしていたり、座ったままの姿勢でいると足がむくんでくるのも、リンパの流れが悪くなってしまうからなんです。ですので、マッサージで全身のリンパの流れが良くなると、バストだけではなく足のむくみが取れたり、ダイエットの効果も期待できます。
 
 
 
そして、リンパの流れが良くなることで、自律神経が調整され女性ホルモンが活性化される働きがあります。
 
 
 
つまり、リンパの流れを良くなると、バストに栄養が届きやすいという効果と、女性ホルモンが活性化されるという効果が期待できます。また、バストには女性ホルモンの生成を活性化するツボがあるので、マッサージと合わせて刺激してあげると効果的です。
 
 
 
 
 


マッサージの方法。

ここでご説明するバストアップマッサージは、バストの血行を良くするだけでなく、リンパの流れも合わせて刺激しますので、不眠やむくみなどにも効果が期待できます。
 
下記に書いたマッサージを3分×3セット、繰り返し行ってください。
 
 

①女性ホルモンを活性化する

・女性ホルモンの生成を活性化するツボである【だん中】を刺激します。だん中は、胸の谷間の位置にあり、左右の乳首と乳首を結んだ高さにあるツボです。
 
親指で軽く押してみて、少し痛いなと感じる部分が、ツボです。ここを3秒間押して、3秒間離すというのを3回繰り返してください。
 
 

②バストの血行を良くする

1、バストを下から上に持ち上げるようにさすります
2、両手でバストを包み込むように上下から支え、包み込むように左右にさすります
 
 

③リンパの流れを良くする

1、腕を上げてひじの下からわきの下に向かって、なでおろします。そのままわきの下のリンパ管をほぐすように刺激します。
2、バストの上側をくるくると4本の指でさすって、わきのほうに流します
3、バストの下側をみぞおちあたりから円を描くようにさすって、わきのほうに流します
 
 
上記の①~③の動きを繰り返して3分間行ってください。
 
あまり強く刺激しすぎないように注意してください。
 
 
 
 

マッサージのタイミング。

マッサージについては、3分間を3セットとお伝えしましたが、下記の3つのタイミングでマッサージをすることをおすすめします。
 
 
・起床後に、着替えてブラジャーをつける前 3分間×1セット
・お風呂の中 3分間×1セット
・お風呂上りのパジャマを着る前 3分間×1セット
 
 
おすすめする理由としては、習慣化しやすいタイミングであるということと、お風呂の中やお風呂上りなどは血行が良くなっているタイミングだからということがあります。
 
 
 
新しいことを習慣化するのに有効なやり方としては、「普段習慣的にやっていることに、プラスして取り入れる」ということが大切です。ここがマッサージを続けるためのポイントです。
 
 
ブラジャーをつける。ということは、ノーブラでお出かけしない限りは毎日やっていることですよね。その毎日の習慣のひとつ前に、マッサージを1分でいいので取り入れてください。そうすることで続けることができます。
 
 
また、私自身が工夫していることは、「マッサージクリームを使う」ということです。
 
マッサージクリームを使うことで、クリームに含まれている成分がバストアップに効果的なこともありますが、目につくところに置いておくと、習慣的にマッサージができるようになる、という効果もあります。
 
クリームを買ったんだから、ちゃんとマッサージをしなさい。という自分自身にたいするプレッシャーにもなりますよね。
 
 
ハリのあるバストにするためのケア成分も含まれていますので、合わせて利用することをおすすめします。また、お風呂の中ではボディーソープを使うことで、なめらかにマッサージすることができます。
 
 
 
そして、バストクリームでおすすめのものはこのらラシュシュです。私自身も実際に使ってみましたが、とてもおすすめできる商品です。
 
 

 
 
 
マッサージを避けるべきタイミングは、食後すぐとお酒を飲んだ後です。
 
リンパマッサージをすることで血行が良くなり、体内の循環が良くなるので、食後すぐだと吸収のリズムが乱れてしまうことがあります。また、飲酒後にもあまり血行を良くしすぎると、体内にアルコールがめぐりやすくなってしまうので、あまりよくないです。
 
 
 
 
 

まとめ

バストのマッサージをすることで、血行が良くなったり、リンパの流れが良くなり、女性ホルモンの活性化の効果が期待できます。また、リンパの流れが良くなることで、バストアップ以外の美容効果も期待できるので、やらなきゃ損!と言いたいところです。
 
バストアップの取り組みの、参考にしてください。
 
おすすめのマッサージクリームについては、「La Chou Chou(ラシュシュ)」の効果は?クリームを塗るだけで胸が大きくなるの?でご紹介しているので合わせて参考にしてください。
 
 



【追記】美容グッズが欲しいけどお金が無い…

そんなあなたにちょっとしたお小遣い稼ぎをご紹介します。

 

今話題の仮想通貨関連のお得なキャンペーンの情報を入手しました。メールアドレスを登録するだけで現金1万円がもらえるというものです。(メアド登録するだけなので、こんなお得なキャンペーンは今までにないと思います)

1万円あればちょっとはいい美容グッズが買えるかと思います。早速、私も登録して1万円ゲットしました。

詳細は下記にて↓

是非是非、活用してみてくださいね。

 

 - 女性らしい身体作り